カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > カードローンの3つの返済方式

カードローンの3つの返済方式

カードローンでたくさんのお金を借りれば借りるほど、気になるのは毎月の返済額です。
カードローンでは利用者の借入額ごとに毎月の最低返済額が決められているので、「今月はお財布に余裕がない・・・」という月があっても、返済を休むことはできません。

最低返済額はカードローンの商品により異なります。
返済額が少ない商品は月々の負担が少ないため一見おトクに感じますが、返済額が高めの商品と比べて返済期間が長引くケースが多いので、完済までの利息総額を考えると損をする可能性もあります。

返済額が少ない商品でかしこくお金を借りるためには、「繰り上げ返済」を活用して余裕のある月に追加返済することが大変重要になるのです。

低返済額を決める3つの返済方式

カードローンの最低返済額は、「返済方式」と呼ばれるルールに従って算出されています。
現在おおくのカードローンが採用している返済方式は、

・残高スライドリボルビング方式
・定率リボルビング方式
・元利定額リボルビング方式

の3種類です。
難しい名前が並びますが、「リボ払い」と言い換えればピンとくる方が多いのではないでしょうか?

クレジットカードのCMで聞き馴染みのある「リボ払い(=リボルビング方式)」という単語は、「毎月一定額を支払うタイプの返済方法」のことを意味しています。
カードローンはすべて毎月一定額を返済していく商品なので、カードローンはすべてリボ払いで返済していくことになります。

さて、このリボ払いの「一定額」の決め方には、カードローンの商品によってそれぞれ違いがあります。
ここで注目していただきたいのが、「残高スライド」「定率」「元利定額」といった言葉の意味です。

残高スライドリボルビング方式

この返済方式は、「残高」という名前の通り、借入残高に応じて月々の返済額が変動していくタイプのリボ払いです。

借入残高 最低返済額
10万円のとき 毎月5,000円
100万円のとき 毎月10,000円
200万円のとき 毎月15,000円

この最低返済額の中には利息も含まれているので、最低返済額の一部しか元金※の返済に充てられません。
※元金・・・利息を含まない、借入額。

現在もっとも多くのカードローンが採用しているのが、この残高スライド型のリボ払いです。

定率リボルビング方式

この返済方式はおもに消費者金融のアコムが採用しています。
借入残高ごとに返済金額が設定される残高スライド型とは違い、定率方では返済額を決めるための一定の利率が利用限度額ごとに決められています。

利用限度額 返済額を決める利率
30万円以下 4.2%
30万円超 3.0%

たとえば利用限度額30万円以下の方が10万円を借りたとすると、最低返済額は

10万円×0.042=4,200円

と算出されます。(アコムでは1,000円以下は切り上げなので、最低返済額は5,000円です)

計算しなくてはならない分、残高スライド型よりはややこしいですね。

元利定額リボルビング方式

元利定額型の場合、借入残高ごとに返済額が決まる残高スライド型と違って、利用限度額に応じて月々の最低返済額が決定されます。

利用限度額 最低返済額
10万円のとき 4,000円
50万円のとき 7,000円
100万円のとき 10,000円

残高スライド型とよく似ているので、間違いないようにしましょう。

「残高スライド型」「定率方」「元利定額型」の3つをご説明しましたが、返済方式には実際はより細かい種類があり、カードローン会社間で返済方式の名称が正確に統一されているわけではないため、この仕組みについてすべて頭に入れるのは困難です。

返済金額や利息額という観点で複数のカードローンを比較したいときには、便利な「返済シミュレーション」を活用すれば簡単に返済総額を比較できるので、ぜひそちらを利用してみてください。