カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > 債務整理の3つの方法と注意点

債務整理の3つの方法と注意点

カードローンやクレジットカードなどで複数社からお金を借りている状態を多重債務といいます。
多重債務者には「借金返済のために新たな借金を作る」という悪循環に陥っている人がおおく、最終的には自己破産や任意整理の道を選ぶという方も少なくありません。
この自己破産や任意整理といった借金を帳消しにする、あるいは現在より返済を楽にする手続きのことを総称して債務整理と呼びます。

「債務整理は○○法律事務所へ!」
このような広告は街のいたるところで耳にするため、債務整理という言葉自体はみなさんにとっても珍しいものではないでしょう。

債務整理には主に以下の3つの手続きがあります。

・任意整理
・個人再生(民事再生)
・自己破産

任意整理は裁判所を通さない債務整理

任意整理とは、金利の引き下げや借金減額などの合意を債権者(借金の貸付人)に求め、貸付条件を債務者(借金の借入人)にとってより良いものにするための債務整理です。
任意整理は裁判所を通さずに両者間の話し合いで解決する(和解する)手続きなので、簡単なものなら法律専門家である弁護士や司法書士の力を借りなくても実行することができます。

個人でも手続き可能な任意整理としてもっともポピュラーな例は「過払い金」でしょう。
個人で手続きを完結できれば仲介料などが発生しないので、返還金はすべて手元に残るか、借金返済に充てることができます。

しかし、多重債務者が求める借金減額や金利の引き下げといった任意整理は、過払い金のような債権者に一方的に非があるケースとは違い債務者にも一定の責任がある以上、手続きは簡単ではありません。
このため、多重債務者の任意整理は弁護士や司法書士の力を借りるのが一般的です。

多重債務の任意整理には一定の交渉期間と一定のお金がかかります。
また、多重債務による任意整理は個人信用情報に約5年のあいだ履歴が残ってしまうので、任意整理をお考えの方はこういったリスクをよくよく考えて手続きしましょう。

個人再生は借金を約1/5に減額できる債務整理

個人再生は裁判所を通して借金を減額する手続きのことで、別名、民事再生ともよばれます。

個人再生で借金を減額するには、裁判所に「3年で返済します」という計画書を提出することが原則になります。
この計画書が認められれば、借金を現在の5分の1程度に減額することができます。

3年で返済できない場合には返済期間を最長5年まで延ばすことができますが、逆に返済期間を3年未満に縮めるということはできません。
個人再生の返済期間は最短でも3年~と決められているのです。

個人再生の注意点は、現在返済を継続できるだけの収入がある方しか利用できないという点です。
また、個人再生の場合も個人信用情報に5年ほど履歴が残ってしまうので、直近ほかのローン審査にはまず通らなくなるということを頭に入れておかねばなりません。

自己破産は家や車を失う債務整理

「飲料メーカーの○○社が破産を申請しました」
などというニュースでよく知られるように、破産とはすべての借金の返済義務が免除される債務整理のことです。

よく「破綻」と間違える方がいますが、破綻は「会社などの経営が立ち行かなくなること」を指す言葉なので全く別の言葉です。
2008年におこったリーマン・ショックは、リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破綻したことにより起きた事象なので、破産とは違いますね。

すこし話は反れましたが、個人が借金の返済に行き詰まり、返済義務を免除してもらうことを自己破産とよびます。

自己破産では借金総額や収入、資産などを総合的にみて「返済不能」と裁判所に判断された人だけが借金を帳消しにすることができます。

借金をゼロにできるぶん、自己破産は返済能力をなくした債務者にとってメリットが大きい救済法にみえますが、その代わりに生活するうえで必要最低限の財産以外はすべて(家や車も含めて)手放さなければならないほどの大きなデメリットも孕んでいます。

そのため、自己破産は任意整理や個人再生に比べてよっぽどハードルの高い債務整理なのです。

ちなみに、自己破産の申し立て件数は2006年には年間21万1,860件もありましたが、2016年には年間6万5,393件にまで減少しています。

債務整理の前にはおまとめローンを検討しよう

このように、債務整理にはなんらかのリスクやデメリットがつきものです。
信用情報機関に債務整理の履歴が残れば、まず履歴が抹消されるまでのあいだは、ローンやクレジットカードなどの金融商品を新たに利用することは難しいでしょう。

あなたの抱える多重債務がまだ返せる範囲なのであれば、債務整理のまえにまずはおまとめローンを検討してみてください。
おまとめローンに成功すれば債務整理ほどのリスクを負わずに借入先を一本化し、金利を引き下げることが可能です。