カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > 貸金業者の総量規制について

貸金業者の総量規制について

総量規制とは、消費者金融・信販会社をはじめとする貸金業者のカードローンに適用される法律の1つです。

総量規制の内容は、貸金業者から個人への貸付金の金額を制限するもので、この法律によりわたし達は貸金業者から自身の年収の1/3を超えるお金を借りることはできません
仮に複数の貸金業者からお金を借りるケースであっても、その借入総額はあなたの年収の1/3以下でなければなりません。

なぜ総量規制が存在するのか?

総量規制の存在意義は、キャッシング利用者の借り過ぎを防ぎ、債務整理に陥る人を減らすことにあります。
債務整理とは、いわゆる任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産の総称です。

債務整理をすれば借金の減額や抹消はできますが、債務者が立ち直り、再び健全な社会生活を送るまでにはかなりの歳月と努力が必要になります。
そのため、キャッシングによって社会復帰が難しくなる人を減らすためには、総量規制によって貸付金の上限を定めなければならないのです。

このような理由で設立されたのが、総量規制という法律です。

総量規制の「除外」と「例外」

総量規制には一部「除外」もしくは「例外」とされる貸付があります。

総量規制の「除外」となる主な貸付は、住宅ローンや自動車ローンなど。
このように高額融資が必要となるローン商品では、総量規制の例外としてあなたの年収の1/3を超える貸付が認められています。

総量規制の除外
・住宅ローンや自動車ローンにあたる貸付
・高額医療費のための貸付
・有価証券を担保とした貸付
・売却予定の不動産の売却代金で返済できる貸付
など・・・

総量規制の「除外」となる貸付では、貸金業者からの融資であってもまったくもって総量規制は適用されません。

一方で総量規制の「例外」とは、総量規制に含まれる貸付ではあるものの、総量規制を超えて融資することが認められる例外ケースのことを指します。

総量規制の「例外」となる主な貸付は、おまとめローンに代表される顧客に一方的に有利となる借り換えなどです。

ただし、総量規制の「例外」が認められるのは、あくまでも債務者に返済能力があると判断されたときのみです。
「例外」にあてはまる貸付であれば、必ずしもあなたの年収の1/3を超えた融資が受けられるという訳ではありません。

総量規制の例外
・顧客に一方的に有利となる借り換え
・本人と配偶者の合計年収の1/3以下の貸付
・つなぎ資金としての貸付
・個人事業主に対する貸付
など・・・

なお、銀行カードローンや信用金庫カードローンには総量規制は適用されません
冒頭で「総量規制が適用されるのは貸金業者のカードローンです」とお伝えしましたが、銀行や信用金庫は貸金業(金銭の貸付けや賃貸の媒介など)を専門としている金融機関ではないため、貸金業者には含まれないのです。