カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > カードローンの審査時間

カードローンの審査時間

即日融資を受けるためにまず大切なのは、審査時間の早いカードローン会社に申し込むということです。

大手消費者金融であれば、審査は最短30分で完了するところがほとんどです。

一方で審査が厳しい印象のある銀行ですが、実は近年では、銀行カードローンの中にも迅速に審査回答が得られる商品も出てきています。

「消費者金融がスピーディーなのは分かっているけど、ブランド力のある銀行を利用したい」という人にとっては、審査時間の短い銀行カードローンが増えているのは嬉しいことですね。

カードローン会社公式発表の審査時間

審査時間に自信のあるカードローン会社は、商品紹介のHP内に審査時間の目安を明記しているところが多いです。
一覧にしてまとめてみましょう。

カードローン会社公式発表の審査時間

商品名 最短審査時間 最短融資時間
プロミス 30分 即日
アコム 30分 即日
アイフル 30分 即日
モビット 30分 即日
モビット 30分 即日
新生銀行レイク 即日 即日
三菱東京UFJ銀行バンクイック 30分 即日
みずほ銀行カードローン 即日 即日※当行口座が必要
三井住友銀行カードローン 30分 即日
りそな銀行カードローン 120分 即日※当行口座が必要
楽天銀行スーパーローン 即日 即日
オリックス銀行カードローン 即日 即日
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 60分 即日※当行口座が必要
ソニー銀行カードローン 60分 即日※当行口座が必要
イオン銀行カードローン 即日 4~5日

気をつけなければならないことは、銀行カードローンで即日融資を受ける場合、平日の14時~14時50分以内にはすべての手続きを終えなければならないことです。

銀行は消費者金融とは営業時間が異なるため、即日融資を受けるには銀行カードローンの営業時間内である平日の9時00分~15時00分の間に契約を結ばなければならないからです。

日中仕事をしている方にとっては、銀行カードローンから即日融資を受けることは実質難しいというのが私の意見です。

一部銀行なら夜間土日祝でも即日融資

例外的に、銀行窓口の営業時間に縛られずに夜間や土日祝でも即日融資が受けられる可能性の高い銀行があります。
それは、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行の3社です。

新生銀行カードローンのレイクは元々消費者金融だったので、その名残で土日祝日や夜間でも審査を実施しています。

一方で三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は、2000年頃に消費者金融のアコムとプロミスをそれぞれ子会社としました。
このことから、消費者金融のノウハウを吸収し、土日祝日や夜間でも審査を実施しているのです。

ただし、銀行は初回申込当日の夜間の振込融資は受付けていません。
夜間の申し込みで即日融資を受けるためには、自動契約機に言ってカードを使ってATMから融資を受取る必要があります。

確実に即日融資を受けたいなら消費者金融

一方で、消費者金融であれば夜間や土日祝日でも審査に対応していて、大手消費者金融4社(プロミス・アイフル・アコム・モビット)であればすべて審査時間は最短30分です。

消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高めな代わりに、審査スピードの早さが売りとなっているので、即日融資が受けられる可能性も銀行カードローンより高いです。

また、長時間にわたり審査を実施している三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行とくらべても、消費者金融のプロミスとアコムであれば15時00分以降の振込融資にも対応しているので便利です。

ようするに、プロミスかアコムを利用すれば、15時00分以降であっても、外出することなく自宅から申し込み~即日融資受取りまでができるということになります。