カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > 信用情報(クレヒス)の保管機関と開示方法

信用情報(クレヒス)の保管機関と開示方法

前回記事(信用情報期間に保管されるクレジットヒストリーの種類)でご紹介したクレジットヒストリー(以下、クレヒス)は、それを記録している業者に開示請求できます。

クレヒスはローン審査全般に影響してくる大切な情報なので、カードローンに限らず、ローンに申し込む前には一度開示しておくと安心ですよ。

クレヒスを保管している3つの機関

わたし個人のクレジットヒストリーは

・全国銀行個人信用情報センター(以下、全銀協)
・株式会社シー・アイ・シー(以下、CIC)
・株式会社日本信用情報機構の(以下、JICC)

3つの機関で保管されています。

この3つは、銀行商品におけるクレヒスを保管する機関と、貸金業者商品におけるクレヒスを保管する機関とに役割分担されています。

全銀協 主に銀行商品のクレヒスを保管
CIC 主に貸金業者商品のクレヒスを保管
JICC 主に貸金業者商品のクレヒスを保管

銀行のクレジットカードやカードローンに関する履歴は主に全銀協に保管され、貸金業者と総称される信販会社や消費者金融などのサービスに関する履歴はCICやJICCに保管されています。

履歴を開示したいサービスの種類に応じて、どの業者に開示請求するのかを決めましょう。

情報の開示方法はネット・郵送・窓口の3つ

信用情報の細かい開示方法は全銀協、CIC、JICCの各業者で異なりますが、基本的には「インターネット」「郵送」「窓口」
の3つの方法が利用できます。

業者 開示方法
全銀協 郵送
CIC ネット・郵送・窓口
JICC ネット・郵送・窓口

開示手数料はネットか郵送で手続きする場合は3社とも消費税・送料など込みで1,000円、窓口で手続きする場合は500円となっています。

手数料は窓口で手続きする場合がもっとも安く済みますが、信用情報機関の窓口は一部の首都圏にしか設置されていないため、開示にはネットか郵送を活用するのが便利でしょう。

ネットで手続きする場合は、手数料はクレジットカード、コンビニ・ATM支払い、ネットバンキング、などで支払います。
郵送で手続きするときには、銀行にて定額小為替を発行してください。

信用情報の開示報告書の見方

信用情報を開示すると、まもなく信用情報機関から開示報告書のデータか用紙が届きます。
窓口やネットで開示する場合は15分~1時間程度で報告書を受け取れるので、開示にかかる時間は非常にスムーズです。

開示報告書に書かれている内容は、「あなたの属性」「サービスの契約内容」「返済(支払い)に関する履歴」「金融機関があなたの信用情報を照会した履歴」など多岐にわたります。

このうち、クレジットカードやカードローン、携帯電話などの支払いで延滞履歴がある人にまずチェックしてほしいのが、「返済(支払い)に関する履歴」です。

サービスの返済や支払いが問題なくクリアできている場合、CICでは「入金区分」の欄に「$」の記号が、全銀協では「入金区分」の欄に「○」の記号が、JICCでは「入金日」の欄に約定返済した日付が、それぞれ記録されます。

もしこの欄に上記以外の記録があったら、それはサービスの延滞の記録である可能性が高いので、詳細を要チェックしてください。

全銀協の開示報告書の説明書
CICの開示報告書の説明書
JICCの開示報告書の説明書

開示報告書に心当たりのない情報があったら…

開示報告書の内容は、サービスの提供元である金融機関が直接登録します。
信用情報機関はあくまでも登録された情報を保管するだけの機関ですので、報告書の内容に誤りがあった場合には、信用情報機関に訂正・削除を依頼しても対応してもらえません。

報告書に心当たりのない情報が登録されているときは、情報の提供元である金融機関に直接問い合わせて、事実関係を確認しておきましょう。