カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > 信用情報機関に保管されるクレジットヒストリーの種類

信用情報機関に保管されるクレジットヒストリーの種類

クレジットヒストリー(以下、クレヒス)と通称されるわたし達の信用情報は、カードローンやクレジットカードをはじめとする金融商品の審査材料として使われます。

金融機関が判断するわたし達一人一人の「信用力」は、クレヒスの評価次第で良くも悪くもなります。
そのため、円滑なマネーライフを送るためには、なるべく良質なクレヒスを信用情報に積み立てておかねばなりません。

クレヒスとして記録される6つの信用情報

ローン審査に影響するクレヒスには、大きく分けて次の5種類の情報があります。

情報 保管期間
本人特定のための情報 契約期間中および完済日から5年
各金融商品への申込情報 申込日から6ヶ月以内
各金融商品の契約内容 契約期間中および完済日から5年
返済(支払)情報 返済期間中および完済日から5年
債務整理など 発生日から5年

本人特定のための情報

「本人特定のための情報」とは、具体的にいうと氏名、生年月日、性別、住所、などをはじめとする本人情報のことです。

カードローンやクレジットカードなどを利用している人は、各商品との契約期間中、および契約満了から5年のあいだは信用情報機関にこれらの本人情報が保管され続けます。

申込情報

「申込情報」には、申し込んだ商品名や、借り入れの希望額、申込日時、などが記録されます。

申込情報の保管期間は、申込日から数えて6ヶ月のあいだ。
短期間に連続してローンやクレジットカードの審査を受けると「申し込みブラック」になってしまうのは、信用情報に申込情報が残るためです。
※申し込みブラックについては「カードローン審査に落ちたときのNG行為」を参照してください。

契約内容

「契約内容」には、過去5年分の契約日や利用限度額、保証会社の利用状況、などが記録されます。

ローンやクレジットカードに申し込むときには、現在の他社借入額の自己申告を求められますよね。
でも実際には申込者に自己申告させずとも、金融機関はこの「契約内容」を照会すればあなたの他社借入額を確認できるのです。

金融機関が申し込み時点で他社借入額をわざわざ自己申告させるのは、申込者の誠意を図るためだと思っておきましょう。

返済(支払)情報

過去5年分のローンの返済状況やクレジットカードの支払状況などは、「返済(支払)情報」として細かく記録されます。

この情報をみれば「A商品の3月分の返済が7日遅れている」とか「Bの商品で過去に3回延滞履歴がある」といった延滞情報もすべて確認できるようになっています。

債務整理など

債務整理(個人再生・任意整理)や自己破産の履歴も、信用情報には記録されます。

これらの履歴は発生日から5年のあいだ保管され続けるので、債務整理や自己破産をしたらまず向こう5年間は金融商品を利用できないと考えてください。

良質なクレヒスはあなたの信用力を高めてくれる

ローンやクレジットカード審査に受かるためには、信用情報にマイナス情報を残さないことも大切ですが、それ以上に良質な信用情報を築き上げることが重要です。
良質なクレヒスは信用力の高さの裏付けとなるからです。

例えばカードローンを利用する場合なら、毎月の約定返済をきちんと守り、ボーナス月には繰上返済に努めることなどが「優良顧客」の証となります。

過去に適切に金融商品を使った履歴が残っていれば、それを元にあなたの信用力が評価され、次に受ける審査に役立つでしょう。

反対に、過去に金融商品を使ったことがなく、クレヒスに何の情報もないことは「スーパーホワイト」などと呼ばれ一般にあまり良しとされていません。
実績のない消費者には、金融機関も的確な判断が下せないので、取引が高額になるとローンの契約額を渋られたりするからです。

金融商品を活用するときには、良質なクレヒスを積み上げる良い機会だと思って商品を正しく利用しましょう。