カードローンお役立ち情報

HOME > ブログ > カードローンの限度額

カードローンの限度額

カードローンにはそれぞれ融資限度額が設定されています。
融資限度額とはカードローンが1人に融資できる最大金額を示していて、各社の平均値は500万円~800万円です。

この融資限度額の中から、利用者の条件や返済能力に合わせて、利用限度額というものが設定されます。
初回契約時点では、この利用限度額は低めに設定されることが多いようです。
アルバイトやパートタイマーなどで収入が少ない方だと利用限度額は10万円程度が一般的です。

各カードローンの融資限度額

カードローンで100万円の融資を受けたい場合でも、申し込んだカードローンの融資限度額が50万円では借りようがありません。

カードローンを選ぶ際には融資限度額も確認する必要があります。

各カードローンの融資限度額

商品名 融資限度額
銀行
三菱東京UFJ銀行バンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 1,000万円
三井住友銀行カードローン 800万円
りそな銀行クイックカードローン 30万円~200万円
新生銀行レイク 500万円
インターネット銀行
オリックス銀行カードローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
ジャパンネット銀行カードローン 1,000万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円
じぶん銀行カードローン 800万円
セブン銀行カードローン 50万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 1,000万円
ジャパンネット銀行カードローン 1,000万円
ソニー銀行カードローン 800万円
東京スター銀行スターカードローン 1,000万円
専業系
アコム 800万円
モビット 800万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
信販会社
株式会社オリエントコーポレーションCREST 500万円
三井住友カード株式会社ゴールドローン 700万円
オリックスVIPローンカード 800万円

とはいえ、金利や審査通過率に比べて、融資限度額では銀行と貸金業者の間にはさほど差はありません。

たいていのカードローンでは融資限度額が500万円以上に設定されているので、特別に高額融資を受けたい人以外はあまり心配しなくてもよいでしょう。

ただし、中にはセブン銀行カードローンのように小額融資の希望者向けに作られたカードローンもあります。

セブン銀行カードローンは融資限度額が50万円と低額な代わりに、収入証明書の提出が不要であったり遅延損害金が不要だったりとその他のサービスを充実させ、他社との差別化を図っているのです。

遅延損害金とは、カードローンの返済を滞納した際に、通常の金利に上乗せして支払わなければならない利息。
遅延損害金の利率は実質年率20.0%と設定しているカードローン会社が多い。

利用限度額の決まり方

カードローンの初回申し込みをする際には、融資限度額のうち、いくらを借入れたいのかを申込者から金融機関に申請します。

金融機関はこの希望借入額をもとに、審査を通して申込者の条件と照らし合わせて利用限度額を決定します。

カードローンの審査基準】にもあるとおり、この時の判断ポイントとなるのは申込者の年収や毎月の出費、事故情報の有無などです。

そのほかにも、金融機関に対する態度なども影響してくるでしょう。

審査の際には金融機関に対して信用力をアピールすることが、利用限度額を高めることに繋がります。

増額審査によって利用限度額を上げる

カードローンの既存利用者であっても、あとから利用限度額を変更してもらうことができます。

その方法は増額審査を受けることです。

これまでのカードローン利用実績が優秀な利用者は、増額審査により利用限度額を増額してもらえるケースが多いです。

利用限度額が上がれば、受けられる融資額が多くなることの他に、金利を下げられる可能性もあります。

よって、利息総額を減らしてカードローンをよりお得に使うためには、借入額を増やす予定がなくても増額審査を受けて利用限度額を上げておくことがポイントになります。